Welcome to my blog

車&単車

ちょろっとはみ出したタイヤを車検に通す秘策

以前は、フェンダー垂直面からタイヤ、ホイールなどのはみ出しが一切認められていませんでしたが、2017年の保安基準改正で変更になり、10mm未満であれば、はみ出しが認められるようになりました。
注:貨物車や乗車定員10名以上の乗用車においては、規制緩和の対象ではなく、はみ出しは一切認められていません。

28802218_m.jpg

ここでは、車検時の最終手段としての荒療治をお教えします。
荒療治なので、あまりまねしない方が良いですが、知り合いのもぐりの車屋さんが実際している方法で、私も一度それで難を免れたので、公開しておきます。

ただし、100%自己責任なので、人の車ではやらない様にしましょうね。

ちょろっとはみ出したタイヤを車検に通す秘策

ちょろっとはみ出す理由は、故意と過失がありますが、過失ではインセット(オフセット)を間違えて、純正より少ないインセット(オフセット)のホイールを購入したときにおこることが多いと思います。
車検に通す方法は簡単な「力技」や「貼り付け技」です。
「力技」は、フェンダーを内側から手で引き出すのです。
最近の車はペラペラの鉄板で作られているので、簡単に1cm程は引き出せます。 
車検の前にあらかじめ引き出しておくことが原則ですが、ユーザー車検の場合では、ギリギリ大丈夫と思ってラインに並んでいても、検査官によっては再検査を言い渡されることもあります。
車検場の時間の問題等で、タイヤを交換している時間が無い時は、翌日以降に持っていくと再検査代を取られてしまいますので、秘策で乗り切ると言う訳です。
「貼り付け技」は、フェンダーモールです。
車検時には、車検証に記載されている全幅を2cm以上超えてはならないという決まりがあります。
という事で、片方1cm未満のモールなら基本的には車検に通ります。

力技と貼り付け技の合わせ技で2cmくらいは何とかできる事が多いので、緊急時には試す価値があるかもしれませんね。

ただしこの技はフェンダーが真横にせり出しているようなスポーツタイプやトラックのリアタイヤや特殊なフェンダーの構造をしている車では無理です。
その様な車の場合は、車検前におとなしくタイヤ交換しましょう。
関連記事