Welcome to my blog

パソコン・インターネット

インクジェットプリンター複合機を買う前に絶対に知ってほしいこと

3743211_maa.jpg

パソコンを購入するとインクジェットプリンターをセットで購入される方も多いでしょう。
パソコン購入時ではなくても年賀状時期にインクジェットプリンターを購入される方も多いと思います。


しかし、インクジェットプリンターは、我々が思っているよりもかなり繊細なアイテムなのです。
特に、年賀状や暑中見舞い等の季節の挨拶状がメインの方は、故障させないためにも必ず読んでください。

基本的にインクジェットプリンターは家電なので、ある程度は消耗品だということは予想できると思います。

しかし、使い方によってはワンシーズンで粗大ごみになりかねない、わりと厄介なアイテムなんです。

写真プリントをきれいになんて考えると、1万円を超えるものが思い当たりますが、はっきり言ってしまうと、5千円でも3万円でも同じ理由で簡単に不具合が発生し、壊れてしまいます。

ここでは、そんなインクジェットプリンターを、購入後に粗大ごみとしないためのメンテナンス方法をお教えいたします。


仕組み

インクジェットプリンターは、その名の通りインクカートリッジに入ったインクをジェット噴射で用紙に吹きかけてプリントする仕組みです。
簡単に言えばそういうことですが、このジェット噴射部が難儀で、液体がゆえに乾燥して色成分が詰まってしまうのです。

プリンターには、機械的に乾燥しにくいように使用しないときはクリーナー部に収納されます。
しかしこれも完ぺきではありません。
少しづつではありますが、徐々に蒸発してしまいます。
そして最終的にインクが詰まると色がかすれて印刷不良になるのです。

もちろんプリンターには、その機種なりのメンテナンスモードがついています。
なので、週2回程度メンテナンスモードを使えば、実際詰まることは中々ないのですが、メンテナンスモードを使うとインクはどんどん減っていきますし、普段使いしていない方がメンテナンスモードを週1~2回使ってまでプリンターを維持することは無理があるんですよね。

でも、インク詰まりを回避する方法はそれ以外今のところありません。

インク詰まり解消的な動画もよく見受けますが、相当手間で解決率もそれほど高くありません。

なので、実際に毎日のように印刷しないのであれば、購入しないというのが一番得策だと思います。

それでも購入する方へのメンテナンス方法


もし、年賀状や季節の挨拶状程度での使用を考えている場合は、先にも書いたように購入しないのが得策です。
挨拶状はコンビニでも購入できますし、コピーも同様にコンビニで可能です。

それでも購入する方は、できるだけ長く使用するために、最低でも毎日起動させてください。
もちろん毎日のように印刷することがベストですが、起動させるとインクが少量使用されることで乾燥を防ぎます。
これは2大プリンターメーカーの方がおっしゃっていたことです。

ほぼ毎日使用する方でも、月1回はメンテナンスモードでクリーニングしてください。
これは高価なメーカー純正インクを使用していてもお勧めします。

ほぼ毎日使用する方で、メーカー純正インクが高価なので激安インクを使用する方もいらっしゃるでしょう。
この場合は、もう何とも言えません。
インクの質によっては、週1回以上メンテナンスモードでクリーニングしてもだめかもしれませんし、純正インク並みに質が良いものもあるので、月1回程度で問題ないかもしません。

まとめ

最近は、プリンターも少しは進化していて、高価なモデルは従来よりは乾燥しにくくなっているものもあります。 

写真出力などでコストを無視してでも納得いく仕上げにこだわり使用される方は別ですが、季節の挨拶状であればコンビニやプリントショップでも十分ことたります。 

値段も純正インクを使えばほぼ変わりません。 実際の使用頻度やこだわりを考えながら総合的に考えて購入を考えてみてください。
関連記事
インクジェットプリンター複合機プリンター性能プリンター比較