Welcome to my blog

心と体

生えるのか?リアップ! 使うならやっぱ発毛剤

言わずと知れた、発毛剤の日本での本家本元、リアップ!

初めて使ったのは、発売当初の20年前。

当時、長年通っていた美容院で、”少し来てるね”と言われショックを受けた後でした。


実は、少し前から何だか薄くなってきている感じがするけど”気のせいかな”なんて思っていたのですが、現実だったんだと、その一言で気づいたのです。

そう、濡れた時とかの登頂部が10代の時と違う事や、前髪の生え際が1cm程後退している事は、紛れもない事実だったのです。

そんな矢先にリアップが発売され、発売された年に購入したと記憶しています。


使用開始のタイミング!ここが、大事です。

薄くなって来たと感じたら始めましょう。


決して、周りの‘’まだ大丈夫‘’に安心してはなりません。

はっきり言ってしまえば、毛根が死んでからでは遅いのです。

薄くなったかなと感じた時が始め時。

明らかに頭皮が丸見えになってからでは、効果が出にくくなります。


話を戻すと、その当時は2ヶ月程で何となく短い毛が生え始めて、少し効果を感じ、安心して止めてしまいました。

そして、20年後、明らかに薄くなった感じがしてきたので、再挑戦と至りました。


今回は、半年以上を最低目標に頑張ります。



リアップX5プラスの効果と副作用

まず最初に大きな注意点があります。


ネットで「リアップ 副作用」と検索すると結構不安をあおるサイトが多くあることに驚きます。



しかしながら、これらのほとんど(特に検索上位に出てくるもの)は、最後に必ずまがい物の育毛剤を紹介してます。


そういうサイトは、それらの育毛剤の高額報酬目当てのやから共の釣りサイトなので、無視して何の問題もありません。



最近流行りのやり方で、最初に商品を紹介せず、体験談や出元不明の情報を並べ安心させ、押売感をなくして、最後に少しだけクリックしてほしい本命の商品を紹介します。



その様な商品は、内容・成分(記載量入っているのか)など全く信用できません。


大手スーパーや量販店で流通していない商品で、宣伝が派手な商品の多くは、内容(成分を含む全て)がでたらめです。


クレームがあっても、もみ消せるからです。



勿論、大手スーパーや量販店で流通している商品でも、その様な商品は存在します。


でも、量販店ルートにあえて乗せないクローズメーカーは、何十倍もそのリスクが上がるので注意が必要です。


”ムダな育毛剤は絶対使わない努力”←合わせて読みたい







ここから本題です。


大正製薬によると・・・



発毛や育毛効果が特徴とされる製品が数多くありますが、中でも
リアップシリーズは、ミノキシジルを配合し、壮年性脱毛症に
おける発毛効果が認められている医薬品です。



その効能・効果は、
「壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防」。



それまで「育毛」効果が認められた製品はありましたが、「発毛」や「脱毛(抜け毛)の進行予防」の効果を認められたのは、リアップが日本で初めてのことでした。



発毛成分ミノキシジルとは



90ヵ国以上で承認されている有効成分


Minoxidil02
出典:大正製薬



ミノキシジルは、毛包に直接作用し、細胞の増殖やタンパク質の合成を促進することによって発毛作用を示します。


ヘアサイクルに変化が起こり小さくなった毛包を大きく深く成長させることにより、細く軟毛化した毛髪を太い毛に成長させます。


毛髪の成長をつかさどる毛包を大きく、深くするミノキシジルの作用をディープグロース効果と呼んでいます。


ミノキシジルは、さまざまなタイプの壮年性脱毛症に対して発毛を促進させます。


 


主な注意点としては。


ミノキシジル配合の「リアップ」シリーズは、「高血圧の人、低血圧の人」「心臓又は腎臓に障害のある人」「むくみのある人」使用前に医師薬剤師に相談することとしています。


それは、ミノキシジルがもともと血圧の薬だったことに関係しています。
出典:大正製薬



リアップX5プラスの実際の効果

再度始めようと思った原因は、照明の真下に入ると、明らかに地肌が目立つ様になったことです。

シャンプーをしてもすぐに頭がべとつき、朝仕事を始める頃には明らかに頭皮が見えるようになっていたからです。


勿論、リアップX5プラスローションを購入する前に、シャンプーも頭皮の油を改善するタイプに変えたのですが、それはべとつくまでの時間が長くなっただけで、根本は何も変わらなかったので、重い腰をあげました。


 


使用して4か月が過ぎた現状。


現在数年前から長髪なので、髪を後ろで束ねていますが、明らかに短い髪の毛が沢山あることが分かると思います。



P2020052_2


ビックリですよね。


発毛する感覚は20年前に感じてはいましたが、その時はたった2か月だったので、正直これ程の感じは無かったですね。


しかし、今回は明らかに髪の毛が増えようとしていることが自分でも分かります。


しかも前髪の生え際(写真に写して分かりやすかったのが前髪だっただけですが)。


何よりほぼ同じような長さの短い髪の毛が沢山あることが、ミノキシジルの効果ですよね。


自然の生え変わりや切れ毛が伸びたのなら、バラバラの長さにならなければおかしいし、生えてきている毛髪の先が微妙に細いのも、弱った毛根から初めは顔を出すだけで、そこから徐々に太さも得たという感じで、リアリティが半端ないですね。


ちなみに写真は額の右側で、写真に写るレベルでは、4cmくらいの髪の毛が多いのですが、左側のブロックは、5cmくらいの髪の毛が多くなっていて、時間差で効果が表れたのか元々成長速度が若干違うのかは分かりません。


しかも、写真では分かりにくいものは、2cm位の毛髪も結構混じってます。


正直、ここまでとは思ってなかったので、かなり嬉しいですね。


それにしても、恐るべしミノキシジル。


そして感謝します。


 


20年経って年を取ったので、血圧は少し上昇し120~125くらいまでになっているので、副作用も気になりませんし、結果に満足です。


 


使用にあたっての問題点としては


取説の注意事項は勿論として・・・


若干のべとつき感と、敏感な方はアルコール等による熱感があると思います。


そして、地肌がはっきり見えている方の中には、すでに紫外線で軽い炎症を起こしている事があるので、かゆみや炎症に注意が必要です。


このあたりがネットでも良く言われている副作用と言うやつですね。


しかしながら、アルコールは薬剤を逃がさず上手く拡散させる為に必要だと思うので、使用者が気を付けるしかありません。


べとつきに付いては、本家本元のロゲインよりもはるかに改善されているとの事なので、髪の毛が生える代償と考えれば、たいした事は無いと思いますし、生活改善等でも改善できる部分があると思います。


どちらにしても、ひどい炎症が出る方は、皮膚科で相談して、治してから始めるのが良いでしょうし、皮膚科でAGA外来があるところもあるので相談しましょう。



ミノキシジルローション戦国時代!全成分比較

ミノキシジルローションの製造が各社解禁になり、これから価格競争も含めて注目していきたい所です。


しかしながら、価格競争は先送りとなりそうで、とりあえずは膠着状態が続きそうです。



ロート リグロEX5の成分から見える特徴


ミノキシジル以外の有効成分が入ってないのが特徴。


添加材は、保湿剤とpH調整剤とエタノール





ミノキシジル5%
添加物:エタノール、プロピレングリコール、1,3-ブチレングリコール、酒石酸



スカルプD メディカルミノキ5の成分から見える特徴


基本はリグロ5と同じですが、添加材でグリセリンが保湿剤として使われているので、リアップやリグロよりはべとつきが気になるかもしれません。



ミノキシジル5%
添加物:グリセリン、1,3-ブチレングリコール、エタノール、リン酸



リアップX5プラスの成分から見える特徴



上記2品と違い、ミノキシジル以外の有効成分をプラスしているのは、さすが元祖だけあります。


研究が一歩先を行っている感じは否めないのですが、酸化防止剤が入っているのもリアップだけで、これが有効成分の作用を薄めているとネットで物議を醸しだしています。


ただこれは、一AGAクリニックの独自研究に基づくもので、0.16mモル濃度未満であれば抑制しないようで、リアップの1日使用量を調べて実験していない様ですし、客寄せパンダ的な表示の仕方なので何とも言えませんが、気になる方はリグロEX5かメディカルミノキ5を選ぶと良いと思います。





ミノキシジル5%

ピリドキシン塩酸塩

トコフェロール酢酸エステル

l-メントール

添加物:セタノール、1,3-ブチレングリコール、ジブチルヒドロキシトルエン、リン酸、エタノール


 


上記3製品の全成分の詳細


・ピリドキシン塩酸塩:ミノキシジルの浸透を妨げる毛穴の皮脂づまり予防


・トコフェロール酢酸エステル:頭皮の炎症・においの原因となる過酸化脂質の産生を抑制


・l -メントール:炎症・かゆみを抑える清涼剤


・エタノール: 一価アルコールで抗菌、清涼、防腐の働き


・セタノール:肌なじみがよく、強力な皮膜をつくって水分蒸発を防ぐさらっとしたオイル


・グリセリン:多価アルコールの普通の保湿剤


・1,3-ブチレングリコール:多価アルコールのさらっとした保湿剤


・プロピレングリコール:多価アルコールのさらっとした保湿剤


・リン酸:変質防止、pH調整


・酒石酸:変質防止、pH調整


・ジブチルヒドロキシトルエン:酸化防止剤



発毛剤と合わせ技のシャンプー&リンスは何が良い?

基本的には、化学物質に強いか弱いかで変わると思いますが、私は基本的に自然派。



しかも薄毛が気になりだした20年前から炭シャンプーがメインになっています。


そしてシャンプー解析ドットコムと言う、シャンプーリンス成分解析サイトでも、さっぱり系の最高峰とうたわれている、このシャンプー&リンスは良いと思います。


500gと800gがあるので、500gで試してみると良いと思います。




私のように長髪だと、絶対頼もしいアイテムになるリンスも。



 


逆に、シルクの洗いあがりが好みでしたら、シャンプーだけでみると少し値段は上がりますが、トリートメント不要のランキング上位品、PPTコラーゲン&シルクシャンプー(男性用)がお勧めです。



どちらにしても、余分な育毛成分が入っていない方が、発毛剤と干渉ぜず、効果が出しやすいと思います。



発毛にはタンパク質も忘れずに!

これは非常に大事です。


勿論日ごろから人よりもタンパク質を取っているという方は問題ないですが、やせ型の体系や、少々太っていても炭水化物や糖類やアルコール太りだったりで、日本人はタンパク質がギリギリの方も多いと思います。


更に、小食だったり、筋トレ中だったり、とかでもタンパク質は不足気味になりやすいです。


そんな時、髪の毛に回すたんぱく質が、一番後回しにされそうですものね。


 


とにかく、肉を食べましょう。


しかも、脂身の少ないものが良いです。



それでも、少ないなと感じたら、私の場合はプロテインを飲みます。


あまりおいしい物ではないので、お勧めはしませんが、種類は豊富にあるので、選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。


ザバスプロのクリアプロテインは、他のプロテインに比べて味が少ないので、私は好きなジュースに混ぜて好きな味を作って飲んでいます。



実はサプリメントの併用も発毛に大事?

私が、併用して飲んでいるサプリメントはノコギリヤシです。

実はこのサプリ、アメリカでは、前立腺肥大や、尿の切れが悪くなった方に改善薬として出している成分になります。

私は頻尿の改善に飲んでいたのですが、それが治った後も、サポートになればと、リアップと併用しています。

効果は不明なので、参考になるかどうかは分かりませんが、気になる人は調べて見て下さい。





ムダな育毛剤は絶対使わない努力←合わせて読みたい
関連記事
クリアプロテイン発毛にタンパク質リアップリグロメディカルミノキリアップX5本当に発毛ミノキシジルジブチルヒドロキシトルエン男のシャンプー