Welcome to my blog

仮説・持論

朝マヅメ 夕マヅメ マヅメとは?

 

マヅメは間詰めであり、マズメと書くのは正解とは言えません。
日の出後・日の入り前の、ローライトな状態を含む1時間前後を指す言葉です。

太陽と地平線(水平線)の間が詰まっている状態。

その時、魚の活性が上がりやすく、時合いとなることが多くなります。

まれにマヅメを数時間とする文献がありますが、それは、マヅメから続く時合いの延長もしくは、マヅメまでの時合いを含めた時間を混同しているものであり、夕マヅメと言う言葉の説明とは違うものと考えます。

201903202012516f2.jpg

上記の様に、マヅメは時合いとは違います。
そして、下記事由により、必ず釣果が上がると言うことはありません。

魚は夜行性でない場合、概ね光が水中に差してくると行動を始め、水中に差し込む光が消えるとオフモードになります。
そして、人間や多くの動物と同じように、朝食と夕食が楽しみなのです。

概ねと言うのは、明るい間に餌を食べ損なった場合や、食べたけど空腹感がある場合、はたまたプレッシャー(釣り人や天候等)で明るいうちは思うように行動出来なかったなどの場合、夜も行動するからです。

それ以外にも、何らかの理由で、周りがざわつき出したら、月の光や常夜灯を頼りに行動し始めることもあります。

逆に、昼間急激に晴天から雨に変わったりしても、夕暮れと勘違いした魚が色めき立つこともあるようです。

それらの事が重なると、行動パターンが一定のリズムから逸脱するので、マヅメだから必ず釣れると言うことはないと言う事になる訳です。

しかしながら、やはり平均的な魚の行動を考慮すると、マヅメに釣行することは、トータルの釣果上げる為には、有効な手段であることは間違いないでしょう。

 

 

関連記事
マヅメ朝マヅメ夕マヅメ時合いとマヅメマヅメの意味釣り