Welcome to my blog

趣味

魅力満点 LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH. 使用感

ルミックス G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH.を使った時の感想になります。

撮影カメラは、Olympus OM-D E-M1です。

LUMIX G VARIO 7-14mm ASPH
出典:panasonic

LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH.仕様

lumix_g_vario_7-14_bnr01_pc.jpg 

レンズ構成 12群16枚(非球面レンズ2枚/EDレンズ4枚)

マウント マイクロフォーサーズマウント/金属マウント

画角 W(f=7mm):114°~T(f=14mm):75°

焦点距離 f=7~14mm(35mm判換算 14mm~28mm)

最小絞り値 F22

開放絞り F4.0

絞り形式 7枚羽根 円形虹彩絞り

撮影可能範囲 ズーム全域で0.25m~∞(撮像面から)

最大撮影倍率 0.08倍(35mm判換算:0.15倍)

最大径×長さ φ70mm(固定フード部)×約83.1mm※

質量 約300g


対角線画角114°の圧倒的なパースペクティブを実現。

その機動性の高さを活かして、広大な風景の臨場感や遠近感を強調するユニークな映像表現などを軽快に楽しむことができます。

撮影可能範囲は、ズーム全域で撮像面から25cm。パースペクティブを活かした小物撮りにも使用できます。
出典:パナソニック

使ってみた感想

手にした時の第一印象は、”軽くて小さい”でした。

超広角レンズには、もっと大きな印象を勝手に持っていたので、これなら持ち運びに便利だなと思いました。

そして次に、プラスチック感です。

新品で、70,000円以上するレンズにしては、ちょっと簡素な感じは否めませんが、超広角レンズというのは、レンズが高いので、これも仕方なしといったところでしょうか。


ただ、実際撮影してみると、雄大なスケールのパースペクティブ(遠近感)のとりこになってしまいます。

マイクロフォーサーズでは、望遠が有利で、超広角はフルサイズ機等に比べ、製造開発が難しいと言う事もあり、激安広角レンズもあまり無く、選択肢が少ないのが玉に瑕ですが、パナソニックとオリンパスは、非常に良いレンズを作ってくれます。


たまたま使った日が晴れていたのもあり、ゴーストは結構頻発していました。

太陽をフレーム内に入れなくても、夏の太陽であれば、近ければゴーストが出るので、そのあたりはゴーストも含めた絵の作りこみが必要になってくることもあります。


それを割り引いても、値段に恥じない名玉だと思います。

実際撮影してみた参考画像

p7190093ab.jpg

LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH. E-M1 ISO200 1/800 F10.0 14mm(35mm換算) p7190102ab.jpg
LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH. E-M1 ISO200 1/640 F8.0 14mm(35mm換算)
p7190108ab.jpg
LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH. E-M1 ISO200 1/8000 F4.0 14mm(35mm換算)
p7190129ab.jpg
LUMIX G VARIO 7-14mm / F4.0 ASPH. E-M1 ISO200 1/200 F8.0 14mm(35mm換算)
関連記事
VARIOレビューLUMIXGVARIO7-14mm/F4.0ASPH.マイクロフォーサーズ超広角レンズ